ホーム>業務紹介>精密機器関連企業の皆様へ

精密機器関連企業の皆様へ

精密機器などのテープ・フィルム開発・加工に

精密機器に使用する両面テープの抜き加工

「株式会社 美方」では、企業様のご要望に合わせて、携帯電話をはじめとしたあらゆる精密機器に使用する両面テープの抜き加工を行っています。これまでの様々な実績から培ったテープの知識やノウハウを駆使して、ご要望に最適な素材の選定、加工を行います。

株式会社 美方のサポート内容

両面テープのプレス抜き加工 両面テープの精密抜き加工 両面テープの精密貼り用精密抜き加工
小さな穴抜き加工に適しています。放熱用部品の固定用など。 小さな形状のテープをパターンに整列させた加工に適しています。IC部品固定用、携帯部品固定用など。 一度に数枚、高精度で貼れる形状テープ。各部品固定用(デジカメの部品など)。
各種フィルムの精密抜き加工 各種フィルムのプレス抜き加工 樹脂フィルムに0.2π以上の
穴加工
エンコーダーのように樹脂フィルムを40μ以内の公差で加工できます。エンコーダー読み取り部品など。 薄樹脂フィルムにバリなし加工を施します。デジカメ窓部の部品など。 両面テープにメッシュを付けた複合加工ができます。スピーカー部の穴加工、レシーバーの穴加工、撥水加工など。
ロータリー精密抜き加工
数量が多い製品、波長が長い加工品に適した加工方法です。絶縁シートなどの薄材料の加工など。
トムソン機精密抜き加工
トムソン抜き型で、型公差一般寸法公差±0.2mm
特殊公差±0.1mm
超精密公差±0.05mm
抜き断面、シワ防止と精度を重視した型で、お客様のご要望に応じて構成を選定します。
トムソン機画像処理精密抜き加工
印刷物をはじめ、成形物の位置を指定寸法より±50μで全抜き、ハーフ抜き加工をします。精度を要求される製品の抜き加工手法です。
シール機画像処理抜き加工 世界最小抜き方法
ロール仕様(シルク、輪転オフセット、グラビア):印刷物の蛇行、寸法ズレに対応した加工を行います。(ハーフ加工)送り精度に応じた抜き精度で±30μ以内の公差で加工を行います。携帯電話、携帯ゲーム機、スマートホンの窓部に貼る飛散防止機能付きラベルなど。
あらゆる素材に適した両面テープの開発

弊社では、上記内容をはじめ、これまでさまざまなテープの開発・加工を手がけてきました。そのノウハウを活かして、あらゆる素材に適した両面テープの開発を行っており、テープ接着がしにくい素材のご依頼にも対応可能です。接着性に優れているだけでなく、耐久性や強度なども追求しています。

弊社の技術は精密機器メーカーをはじめ各分野の専門家からも高い評価をいただいています。御社のご要望に応じてテープの開発、最適な素材の提案、精密な抜き加工などを行いますので、新製品開発のパートナーとしてぜひ弊社にご用命ください。

ページ上部へ